ギブソン

2006年7月30日 (日)

サイクス先生ごめんなさい

あー休みが終わってしまうよ・・・。

今日は,ジョン・サイクス&フィル・ライノットの「プリーズ・ドント・リーブ・ミー」のギターソロに挑戦。

一時期この曲ばかり弾いていた時期があったので余裕・・・。のつもりでした・・・。

いかんですね・・・。右手もたつきまくりです。アップしてはいけない音源です・・・。

曲が進むごとにタイムラグが大きくなってもきますし・・・。音もいまいち決まりません・・・。

相変わらず言い訳ばかりでござる。

「プリーズ・ドント・リーブ・ミー」のギターソロ

フィルライノットは,男の中の男である。という記事をみることがあります。しかし,この人,この曲もそうですが,未練たらたらの曲が多いのです・・・。

ちなみに画像は,私の宅録セットです。マーシャルをマイクで拾い,基本的にパソコン上でギターの音の調整はしないという,AB型の人間らしいどうでもよいこだわりをもってやっています。うまくもないくせに・・・。

Vfts0157_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

トーカイとギブソン

「夢伝説」の録音ついでに、ギターの弾き比べ実験。

トーカイソロイスト?vsギブソン 1968 LPC

曲は「ブラックローズ ソロ 最後の4小節」

P1010680_2

さすが、80'Sギター。LAメタル風な音・・・。

P1010657_1

レスポールカスタムのフロントPUの音が好きで・・・。

トーンを絞って弾いてると気持ちいいのですが、録音してみるとこもりすぎてしまう。弾いている時はひたすら気持ちいいのだけど・・・。イメージどおりに録音するのは難しい。

やっと、「ブラックローズ」のソロの練習が終わったので、来週は、バッキングパートを作って、音源アップしよう。

「夢伝説」の雪辱なるか・・・。

待て、次号。よろしこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

夢伝説 なんだな

今日は土用丑の日。当然今日は人吉の「うえむら うなぎ」にドライブの予定なのだったが・・・。

南九州の大雨で道路不通。断念。

することがないので・・・。

以前ヤマハXG-WORKSで作った、「夢伝説 バッキング」にギターをかぶせることにしました。

・・・・・。タイムラグ発生。ギターが一拍分遅れて録音されてしまう・・・。

どうにかこうにかコツをつかみ、タイムラグを抑える方法を発見。

簡単に言えば、一発録りに近い方法で行えば・・・。そこまでずれない。何とか聴ける・・・。

これはまぁ言い訳です。

我ながらへろへろのギタープレイ・・・。

これです。↓

「夢伝説」をダウンロード ← 申し訳ありませんが、ファイルが大きいので開くのに1分ほどかかると思います

  ← 聴くだけの方はこちら

う~ん。恥ずかしい。やらなきゃよかった・・・。

ギターソロへろへろ・・・。

こうなったら、この上に、奥さんのクラリネットかぶせて夫婦ともに恥をかくか・・・。

え~い。俺は九州男児だ。言い訳はすまい。

待て次号。よろしこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

研究というか・・・

私はAB型なので、妙なところにおそろしく神経質で、すごいところがすさまじく大雑把な極端な二面性があるようです。今まで、ピックなんかこだわったことがありません。(中学のころ初めて買ったピックがギブソンだったのであまり考えずにギブソンを使っています。・・・・というのもこだわりなのか???)

先日、ピックを購入した時に島村のOさんが、ピックを変えると音が変わるみたいなことを言っていたし・・・。

リビングで、アンプなしでグレコ弾いていた時にうちの奥さんが「ピックで音って変わるんだね」と言っていたので、弾き比べをしてみました。神経質な私が、ほんとかどうか気になって仕方がないのです。

使用したピックは「Gibson 」「HERCO」「HISTORY」「DUNLOP」

Vfts0156_1

自明のことですが、弾く際の感触は違います。明らかに。

「Gibson」

「HERCO」

「HISTORY」 

「DUNLOP」

弾いている時は違いが実感できたのですが、聴いてみるとわからない・・・。

分かったことは、

・ピックはそれぞれ一長一短(当たり前・・・)

・HERCOを使う時には勇気がいる。(HERCOだけ異質な感じがするのは気のせいか?音が丸くなるような気がしてきました・・・。ただし、バリの具合で雑音が出る・・・。)

なんだか、無駄なことに時間を費やした気分です・・・。

まぁ、「おもしろき事なき世をおもしろく・・・」なんだし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

ただいま

今夜 8時40分に島村楽器のOさんに電話。

隣で、妻は「功名が辻」をみて号泣中。

今から行っていいかとの問いに、いいですよとOさん。

早速行ってみました。

トラスロッドカバーをはずしてちょちょいのちょいとネック修正終了。所要時間10分也。私のギターの癖もわかっているようです。

完璧です。

いつもながら丁寧ですばやい仕事ぶり。

楽器買うなら島村楽器最高ですよ。

私のギターを試奏するOさんにほれぼれ・・・。

うまい人が弾くと私のギターはすばらしい・・・。

ついでに弦とピックを買って帰りました。

おいしそうな感じの「ヒストリー」Oさんおすすめの「ダンロップ」

いつかは買おうと思っていた「HERCO」。

しかし、P1030028 「HERCO」はひどい・・・。たしかシェンカーも使っているはずなのでいつも買おうと思いつつ・・・。あまりのつくりの粗さに、いくら100円とはいえ二の足を踏んでいた・・・。駄菓子屋のプラモデルの部品並みのひどさ・・・。

バリがバリバリついてます(笑・・・ひどい)

なんだかんだいっても、結局は「ギブソン」のピックになるのだろうなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またしても黒薔薇

またしてもブラックローズのソロ出だし・・・

ツインにパートが分かれるところを一人だとどうにもカッコがつかなくて・・・。

それで、今回はヤマハXG-worksを活用して録音。

島村のOさんの話だと、タイムラグが出るのでオーディオインターフェイスが必要だということでしたが、タイムラグは一切なし。ただ、自分のリズムにラグがあるだけ・・・。

アンプの音をマイクで拾ってヤマハXG-worksのバッキングパートとミックス。ついでにmp3にエンコード。

考えてみれば、今までのやり方よりもこっちのほうが簡単かも・・・。mp3へのエンコードもやってくれるし・・・。バッキングパートも聞き取りやすいし・・・。ヘッドホンしながらギター弾くのがめんどくさいけど・・・。

「ブラックローズ ソロ前半 ヤマハXG-WORKS活用バージョン」

しかし、宮崎の夏恐るべし・・。異様な湿気です。

私のカスタムのネックも影響を受けてきていて・・・。

5弦にびびりが出てきました・・・。

音源を良く聴くとわかります・・・。出だしのリフのところです・・・。

早速島村楽器のOさんに電話せねば。

直してくれるかな?きっと直してくれるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

妻への反論

おととい、車の中で妻の一言・・・。

「最近、ジョン・サイクスばっかりだよね。あなたのランディー・ローズはどこに行ったの?」

「・・・・・。」

確かにそうだ・・・・。

でも、時間がないのだ・・・。明日から京都に出張なのだ・・・。5時起きなのだ・・・。これで勘弁してください・・・。(すごく適当にひいたものをアップして申し訳ない・・・。) 連休中にバッキングパートつけますから・・・。

でも、ついでにこれまた適当なサイクス先生もアップ。(本当はゲイリーですが・・・。)

あー京都行くのよだきい~(よだきい=すごくめんどくさいの意)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

レスポールカスタム弾き比べ

勢いとはすごいもので・・・。

うちの奥さん、功名が辻の千代のよう・・・。

買っちゃいましたMARSHALL AVT20

Vfts0144_1 

いつもの島村楽器です。

ハードオフでMG30を買おうと思っていた私でしたが・・・。

購入に至る経緯は明日以降に・・・。

インプレッションを書こうと思っていたのですが、何しろ夜が遅いので・・・。これまた明日以降かな。

ところで、アンプを決める時に、音を出させてもらったのですが・・・。私がギターを持ってきていないことを気づいた島村のNさん。ギブソンのカスタムコレクションカスタムを引っ張り出してくれました。

これです。

http://www.digimart.net/gk_detail.do?instrument_id=DS00122344

紹介文にもあるように、私が所有する1968カスタムとは、だいぶ違います。

まず、軽い。重量差はさほどでもないかもしれませんが、体感はかなり違います。

そして、細い。ネックは現代風に細くなっています。テクニカルなプレも出来るはず。幸い、私はテクニシャンではないので(笑)。

音は・・・。

好き好きでしょうね。

1968のほうが重く太い感じ。

カスタムコレクションカスタムはきれいに歪む感じです。

ピックアップが、1968は57CLASIC  カスタムCは490&498です。

自分が所有していることもあってさすがに私は、1968のほうがしっくりきます。価格はさほど変わらないのですが、高いギターを弾いている感は1968かな。

でも、ロック!ならカスタムCに軍配。

サイクス風な音なら1968のほうがより近い気はしますが・・・。シグネチャー買えばいいわけだし・・・。

この記事を書くに当たって、ギブソンのオフィシャルサイトを見てみたら・・。あれっ?

http://www.gibson.jp/gcs/cs_top.html

1968カスタムもカスタムCも、カタログから落ちてる?おとといまでは絶対載ってたのに。なぜ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

警鐘

以前も書きましたが,私はギブソン信奉者でして・・・。よくオークションを検索しては楽しんでいるのですが・・・。私としては許せないことが・・・。

ヤフーオークションの「ギターラボ」のページにも掲載されていることがさらに許せない。

商売の邪魔をしようとは思ってはいません。この出品者に一週間ほど前に気づきましたが、あえて静観しました。しかし、確実に落札者が増えている現況。公正な商取引が行われる社会にしないといけないと常々思い,勇気を奮って書きます。

この出品者の商品をどう思いますか?

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h37273236

この出品者,ほかにもたくさんレスポールを出品しています。本当にやたらめったらと出品しています。そして結構な数の方が落札してしまっています。出品地域は海外です(笑)。しかも価格はすべて36,000円。

こんな商品どうでしょう。

こんな,ヘッドがありますか。

Photo_2  はっきりわかるのは,ヘッドのダイヤモンドインレイが,下方にずれていること。トラスロッドカバーと重なってしまっています。考えられないことです。

また,あきらかにロゴ、インレイはプリントです。画像を良く見るとトラスロッドカバーが曲がって付いていることも確認できます。

形状がおかしい点も多々あります。突っ込みどころ満載です。

Vfts0079_3参考までに見比べてみてください。

すべての落札者が違法コピー商品であることを理解した上で購入されているのなら、私としては納得できます。しかし、違法コピー商品であることを理解せずに購入されている方も多数存在するはずです。現に、コピー商品である旨の記述は一切見当たりません。

この商品を「GIBSON」のカテゴリーにノーチェックで掲載しているヤフーにも問題があると思いますが・・・。       

オークションの世界ではよくあることだと一笑に付されることなのかもしれませんが、あえて書かせてもらいました。                                                                                        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

私の宝物 part2

TOKAI ストラトです。

ストラトとは言っても、80年代流行った、ウォーレン・デ・マルティーニモデルのようなワンハムタイプ。

P1010680

昭和62年、大学受験のために上京した際、イケベだったかイシバシだったか忘れましたが、池袋のセカンドハンド店で購入しました。定価60,000のギターですが、中古のため25,000円で購入。新品同様でした。大学不合格通知の翌日に配達されて、すごく気まずかったのが思い出です。高校の卒業コンサートでメインギターとして活躍しました。ラウドネスの「ラウドネス」弾くために買ったようなものです。

材質 ボテ゛ィーはアルダー??? ネックはメイプル

音は・・・。ひたすら歪みます。クリーントーンは存在しません。太い音といえば太いのですが・・・。中音域がかなり強く出ます。言うならば、太くて軽い音(笑)和音の際の音の粒立ち悪し。音の塊として聞こえます。

おもしろいのがトレモロユニット。ぱっと見「フロイドローズ」に見えますが実は違う。「ET」から進化した「エアーズロック」。

P1010688_1  ルックス的にはかっこいい部類に入ると思います。

P1010690 「ET」と違い、ナットはロックナットのみ。

P1010689

おもしろいのは、弦のセットアップ方法。

ポールエンドは切らなくてもOK。しかも、弦をボディ裏から通すのではなくて、まるで、レスポールのようにトレモロユニットのテールから差し込む方式。

これはけっこう便利。とっても弦交換やりやすい。

音にどのように影響するのか皆目わかりませんが・・・。日本人の創意工夫の結晶です。おそるべしトーカイ。

このギターも国産B級ギターの典型ともいえます。

大事にしていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧