映画・テレビ

2006年8月27日 (日)

連絡船うどん~さぬきの夢2006

映画UDONの登場人物、「タウン情報誌さぬき」編集長大谷昌徳役の升毅が、ユースケやトータスにことあるごとにうんちくをたれる・・・。「さぬきへのあいさつのうどん」が、連絡船うどん。

総合ランキング16位。

宿で少し休憩した後、夜開いているうどん屋を探して、ここに到着。

Photo

もともとは連絡船の中にあった立ち食いうどんやなのです。連絡船がなくなったあと、高松駅構内に作られたそうです。

高松駅構内と聞いていたので、わざわざ入場券を買って構内から入店したのですが・・・。うどん店には、構内からではない別の入り口もありました・・・。

味ですが・・・。映画のせりふの中にあるとおりです。普通のうどん。このうどんが、地元で出てきたらすごくうまいうどんのはずです。メジャーリーガーの集まりの中にオリックスの3番打者が入ったようなもので・・・。

連絡船の中で特別な思いで食べれば・・・。そのコンセプトで駅構内にあるのでしょうが・・・。私たち車で来たので・・・。

  • 麺・・・ふつう
  • だし・・ふつう
  • トッピング・・豊富でしたが、一般より高かったので・・・。
  • エンタ・・連絡船に関わった人は旅情と郷愁がかきたてられるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

ひと足お先に~さぬきの夢2006番外編

行ってきました。UDON試写会。

さぬきうどんの世界に少しでも触れたことがある人にとってはすごくおもしろい映画であるはず。さぬきの体験がこの映画が初めてという人にとっては、????の映画であると思われます・・・。

とても楽しめました。

帰りにどうしてもうどんが食べたくなったので、UDONとのコラボ商品。ローソン「とり天おろしぶっかけうどん」「マルちゃんUDON」を買って食べましたが・・・。麺が硬けりゃいいってものではないはず・・・。

試写会場と島村楽器店は同じイオン内の同フロアにあるので、映画が終わった後、閉店間際の島村楽器に突入。

Nさんがいらっしゃったので、ZOOM G2 Uを試奏させてもらいました。ギターは、私が試奏する際いつも使わせてくださるGIBSON LPC。PUが違うので、キャラクターはだいぶ違いますが・・・。ありがたいことです。

なかなかおもしろいですね。ZOOM G2 U。USBで接続できるのがいい。宅録に便利かなと思って興味があるのです。オクターパーやフランジャーなどなかなかです。ただ、歪み系が私には硬すぎるかな・・・。と、話していたら、Nさん今度は、LINE6 POD LIVEを持ってきました・・・。ZOOMに比べるとかなりやわらかく歪みます。ただ、それでも私には硬めかなぁ・・・。まぁしっかりセッティングしたわけではないからなぁ(閉店時間過ぎたため・・・)。ギターも490&498PUだから、もともと硬いし・・・。週末自分のギターもって行こうかな・・・。

いやいや、マイク録音にこだわっていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

花神 のはずだが・・

今日は体調不良のため、一日家でぐずぐす・・・。

ギターを弾く気力もなく・・・。本も読む力が出ない・・・。

ので、テレビを視聴。以前レンタルしてハードディスクレコーダーにコピーしておいた、大河ドラマ「花神」をみる。「花神」とは花咲爺さんのこと・・・大村益次郎の話です。

全5巻あるのだが、3月ごろ3巻途中まで見ていたが、仕事が忙しくなり、見なくちゃならないことを忘れていた・・・。

NHK大河ドラマ 「花神」l

原作は、司馬遼太郎「花神」なのだが、主人公の大村益次郎が地味な人物だからだろうけれど、吉田松陰&高杉晋作の「世に棲む日々」天堂晋助の「十一番目の志士」のいわゆる長州三部作をミックスした構成になっている。

現在放映されている「功名が辻」のように原作とテレビが乖離していることはないのだが、なかなか、大村益次郎が活躍しない。どちらかというと、高杉が主人公といえる。まぁ、まだ最後まで見ていないからなんとも言えないが・・・。4巻の最後で高杉が逝く。「おもしろき事もなき世をおもしろく」辞世の句として最高。(よって、ブログ名にしているのだが・・・)

泣いてしまいました・・・。

なぜ、最後まで観なかったかと言えば・・・。

また、新たな小説とミックスされていることがわかったからである・・・。河井継之介の「峠」。うーん。なんでもありだよこれは・・・・。体が弱っている今の私としては、身体および精神ともノックアウトなのでした。

「十一番目の志士」は読んでいないが、「花神」「世に棲む日々」「峠」ともに大好きな小説です。とくに、グレコEG550を買ったときに読んでいた「花神」大村益次郎には思い入れがあって・・・・。

3月11日の記事・・・なんちゃってレスポール

すべての小説の巻数をあわせると、、「花神」4巻 「世に棲む日々」4巻 「峠」3巻 「十一番目の志士」2巻 ・・・・しめて・・・ 13巻かぁ・・・。おそるべしNHK大河ドラマ・・・。

演出家誰なんだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

さぬきの夢2006

ついに、8月。

われわれ夫婦にとっては大切な月。

年に一度の恒例行事。うどんツアーの月なのです。

さぬきうどん食いつくしツアーも今回で五度目。

今回から、新メンバーとして義弟も参加。楽しみです。

今年は、さぬきうどんを題材にした映画。「UDON」の公開も・・・。

http://www.udon.vc/movie/index.html

主演はユースケ・サンタマリア。同じ九州人として応援しています。

映画のスタートは「上杉商店」かららしい・・・。

奇しくも、私たちが香川で最初に食べたうどんも「上杉商店」。朝の6時30分に開いていました・・・。

おばちゃんが一人で切り盛りしている、商店&うどんやです。とても外観からはうどん屋であるとは気づかない店構え。ただのタバコ屋ぐらいにしか見えません。

うどんは、「ザ・さぬきうどん」

しょうがの風味が効いています。

あと1週間。まじめに働いたら、また今年もさぬきうどんに出会える・・・。

8/7~10に決行。

これだけ、香川に行っていても、巡り会わせが悪く、唯一行っていない有名店。「善通寺 山下うどん」を今年こそは制覇するのだ。

香川のみなさん。8/7~10頃に宮崎ナンバーの車を見たらやさしくしてください。30代らしき男2人、女1人乗っていたら、「じろすけ'S さぬきの夢2006ツアー」御一行様です。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)